HOME |欧州最大デリバティブ取引所のEurex(独)、2月に立ち上げたESG先物のデリバティブ取引、半年で23万5000件に。機関投資家の手応え強く。早くも取引商品の拡大検討へ(RIEF) |
Eurex1キャプチャ

 

  欧州最大のデリバティブ取引所のEurex(ドイツ・フランクフルト)は、2月に世界で最初に開発したESGデリバティブ取引が半年間で、23万5000件の取引契約実績をあげ、取引ピーク時には未決済の建玉が7億8200万ユーロ(約8億6900万㌦)に達した、と公表した。

 

 Eurexが現在、開発・提供しているのは、インデックスプロバイダーのStOXXが提供する3つの指標に基づいた3つのタイプの先物契約。

 

 それらは、「STOXX Europe 600ESG-X Index Futures(FSEG)」をベースとした「ESG Exclusion」、「Euro Stoxx 50 Low Carbon Index Futures(FSLC)」に基づく「……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム