HOME |Apple 初のユーロ建てのジャンボ・グリーンボンド発行、2本で20億ユーロ。サプライチェーンを含めたカーボンフットプリントの改善等に充当(RIEF) |
Apple2キャプチャ

 

  米アップルは、同社として初のユーロ建てグリーンボンドを総額20億ユーロ(約2400億円)分、発行した。調達資金は、同社のカーボンフットプリントの減少、原材料のリサイクル、ライフサイクルベースでの水使用や廃棄物の削減等に活用する。

 

 発行したグリーンボンドは、償還期限2025年の6年物10億ユーロと、2031年の12年物10億ユーロの2本。クーポンレートは前者が0%で利回りはmid swap rate +15bps、後者は0.5%、同+30bpsとなっている。

 

 Goldman Sachsが主幹事とグリーンボンド・ストラクチャー・アドバイザーを務めた。共同主幹事には、Barclays、 BNP Paribas、JP Morganが参加した。……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム