HOME8.温暖化・気候変動 |不動産のESG評価のGRESB、英リスクコンサルと共同で、不動産の気候リスクとレジリエンスを評価するスコアカード開発。不動産の気候リスクを「見える化」(RIEF) |
GRESB11キャプチャ

 

 不動産会社や同ファンドのESG度を評価するGRESB(オランダ)はリスクコンサルのVerisk Maplecroft(英)と共同で、不動産の気候リスクとそれに対する強靭性(レジリエンス)を評価する「Climate Risk & Resilience Scorecard」を開発した。GRESの世界の不動産のESGデータと、Veriskのリスク分析力により、不動産の気候リスクを比較可能な形で「見える化」できる。

 

 GRESBが提供する不動産ベンチマークは、2019年の調査時点で、世界中で1000以上の不動産会社や、不動産投資信託(REIT)、投資ファンド、開発事業者等に対して評価を与えている。対象不動産価値は4兆5000億㌦(約480兆円)に達している。

 ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム