HOME5. 政策関連 |EUの欧州委員会、次世代エネルギー「グリーン水素」の国際取引市場を欧州拠点に。取引参照通貨はユーロ建て。「サステナブルエネルギー」市場の争奪戦に名乗り(RIEF) |
H2O001キャプチャ

 

  EUの欧州委員会は、次世代のエネルギーとして注目されている「グリーン水素」等の水素エネルギーの市場ルール化を推進し、ユーロ建ての水素取引市場をEUに設立する考えを明らかにした。「2050年の温室効果ガス排出量ネットゼロ」の実現に向け、水素利用の増大が予想される。EUは海外からの大量輸入も想定しており、グリーン水素を国際的なエネルギー商品として位置付ける考えだ。

 

 (写真は、水素燃料をチャージする欧州委員会エネルギー担当委員のKadri Simson氏)

 

 欧州委員会の方針は、欧州委員会のエネルギー担当委員、Kadri Simson氏が明らかにした。現在、世界で進められている10の水素戦略のうち5つが欧州で……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム