HOME |欧州委員会TEG、EUグリーンボンド基準の利用ガイド公表。検証機関は金融監督当局による将来の監督化を視野に、暫定的自主機関による登録・管理を提言。検証機関の登録条件等も公表(RIEF) |
EU GBSキャプチャ

 

  欧州委員会の技術専門家グループ(TEG)はEUグリーンボンド基準(EU GB)の利用ガイドを公表した。基本は既存の市場ベースのグリーンボンド原則(GBP)などと同様の自主的基準の位置づけだが、グリーン性を評価するセカンド・オピニオン提供のVerifiers(検証機関)については、欧州証券市場監督局(ESMA)の監督対象とし、その体制整備ができるまでは、自主登録・管理する体制を提案した。また非EUの発行体や投資家がEU基準でグリーンボンドを発行・投資することを奨励する方針を示した。

 

 TEGはサステナブルファイナンス行動計画の柱となるグリーン事業を分類するTaxonomyの最終案とともに、EU GBSの利用ガイド(Usability Guide EU Green Bond Standa……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム