HOME6. 外国金融機関 |アフリカ開発銀行(AfDB)は、新型コロナウイルス感染との闘いを支援するため、総額30億㌦の「COvid-19と闘うソーシャルボンド」を発行(RIEF) |
AfDB1キャプチャ

 

   アフリカ開発銀行(AfDB)は、アフリカ諸国に提供する新型コロナウイルス対策の資金を調達するため、30億㌦(約3240億円)のソーシャルボンド「Fight Covid-19 Social Bond」を発行した。発行額はソーシャルボンドとしては過去最大。国際金融公社(IFC)も3月後半に、30億スウェーデンクローナ(約323億円)のコロナ対策用のソーシャルボンドを発行しており、市場関係者は「コロナボンド」が相次ぐと予想している。

 

 AfDBのコロナ・ソーシャルボンドは期間3年。資金使途はアフリカ各国でコロナ対策に必要な医療機器への投資に充当される予定。発行されたボンドには、各国の中央銀行、年金基金、資金運用機関等から発行額を上回る46億㌦の応募があった。クーポンレートは0.750%で……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム