HOME |スペイン保険大手資産運用会社、コロナウイルス対策で投資信託組成。手数料等返上し、3年間年3%の金利保証。発行体、金融機関、投資家が「連帯」する世界初のコロナ金融商品(RIEF) |
MAPFRE2キャプチャ

 

 新型コロナ感染者数が米国に次いで多いスペインで、医療機関支援の資金調達のための金利保証付きミューチュアルファンド(投資信託)が話題を集めている。金融機関が引き受けや受託等に際して手数料等を返上することで、高いリターンを確保、一般投資家が医療機関支援の投資をし易くした社会的責任投資商品であるためだ。発行体、金融機関、投資家が連携した「連帯型コロナ金融商品」は初めてといえる。

 

 発行された投資信託は、首都マドリード市発行の債券を基本資産としたファンドで「MAPFRE Compromiso Sanitario fund(マフレ健康責任ファンド)」。マフレ(MAPFRE)はスペインの大手保険会社で、その傘下のMAPFRE Asset Managementが組成した。マド……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム