HOME6. 外国金融機関 |仏雇用保険管理機関「Unédic」、新型コロナウイルス感染対策で、総額40億ユーロのソーシャルボンド発行。同ボンドで過去最大規模。失業保険や休業補償、求職者の職業訓練等に充当(RIEF) |
UNedic1キャプチャ

 

  フランスの雇用保険管理機関「Unédic」は、新型コロナウイルス感染拡大によって失業保険の支払い等の資金調達のため、総額40億ユーロ(約4700億円)のソーシャルボンドを発行した。コロナ対策で公的機関等によるソーシャルボンドの発行が増えているが、Unédicのボンドは一回の発行額としては過去最大規模のソーシャルボンドとなる。

 

 同ボンドは期間6年半(2026年11月)。ボンドの利回りは市場のベンチマークのmidswapsレートより36 bps上回った。発行額に対してほぼ倍の77億5000万ユーロの応募があった。Unédicの調達ではこれまでにない人気となった。

 

 資金使途はコロナ感染の影響による、各企業・店舗等の営業停止のあおりで失業した……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム