HOME |香港品質保証局(HQAA)、グリーンファンドの認証スキームをESGファンドに拡大。SDGsの目標への適合等を条件に。香港をESG・サステナブルファイナンスの国際ハブ化を促す(RIEF) |
HKQAAキャプチャ

 

 香港品質保証局(HQAA)は、香港市場に登録されるグリーンファンド等に付与する認証スキームを拡張し、グリーンだけでなくESGのラベルを取得できるスキームに切り替えた。香港証券・先物委員会(SFC)が打ち出したグリーンファイナンスの戦略的フレームワークに沿った改定だ。香港市場をアジアのESG投資のハブセンターにすることを目指す。

 

 HKQAAは香港の基準認証機関。2019年9月に、グリーンファンドの認証スキームを立ち上げた。これまでに24の新グリーンファンドと、18の債務ファンドにそれぞれ事前発行認定を付与している。同機関は国際資本市場協会(ICMA)のグリーンボンド原則(GBP)のオブザーバーであるほか、英Climate Bonds Standard(CBI)の評価機関にもなっている。……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム