HOME4.市場・運用 |SASBとGRI、非財務情報開示の基準の共通化、連携で合意。年末までに、それぞれの基準の「読み替え」等の情報を整備。両基準の併用を前提に(RIEF) |
SASB001キャプチャ

 

 非財務情報開示の重要性が高まる中で、米サステナブル会計基準審議会(SASB)と、グローバル・レポーティング・イニシアティブ(GRI)は双方の開示基準の共通化、連携を進めることで合意した。両者は年内をメドに、それぞれの基準の利用者向けに両基準の読み替えや共通化を理解するための情報手段を提供する。どちらかの基準に収斂させるのではなく、両基準の併用を目指すという。非財務情報開示の民間イニシアティブは複数存在し、利用者にとっては重複感や比較可能性等の課題が指摘されてきた。

 

 SASBは米証券取引委員会(SEC)基準に基づく財務報告書に盛り込む非財務情報開示基準として、非営利団体としてボランティアの専門家等とともに基準を設定した。2018年11月に公表した基準は11産業77業種に分類、セクター別……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム