HOME4.市場・運用 |英国、2050年のカーボンネットゼロ目標達成に向け、「グリーンバンク2.0」の設立を検討中。3年前に民間に売却した国営グリーン投資銀行(GIB)の第二弾。エネルギー相が明かす(RIEF) |
GIB001キャプチャ

 

   英国は先進国初の国営グリーンバンク(Green Investment Bank : GIB)を2012年に設立した後、3年前に民営化したが、新たに「GIB 2.0」の設立を検討していることが明らかになった。エネルギー相のクワシ・クワーテング(Kwasi Kwarteng)氏が語った。2050年の温室効果ガス排出量ネットゼロを達成するには、再生可能エネルギーやエネルギー効率化等の追加投資が必要なためで、消費者課題や地方都市等のインフラ整備などへのファイナンスを目指す案が浮上しているとしている。

 

 (写真は、設立当時のGIBのセミナーの様子)

 

 英政府は2012年に先進国で初めて、グリーン投資を目的とした国……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム