HOME |ドイツ銀行、新化石燃料政策公表。新規の石炭火力融資停止、石炭鉱山向けも2025年までにすべて停止。石炭発電50%以上のエネルギー企業には事業転換の融資以外提供せず(RIEF) |
Deutche001キャプチャ

 

  ドイツ最大のドイツ銀行は27日、新たな化石燃料政策を公表した。新規の石炭火力発電向け融資を停止するほか、石炭採掘事業への投融資も遅くとも2025年までに停止する。石炭発電等が50%以上のエネルギー会社に対しては、事業転換のための融資以外提供しないとした。また北極圏での新規の石油・ガス開発への融資も停止する。ただ、環境NGOからは「前進だが、気候対策という点では、あまりに小さく(too little)、あまりに遅い(too late)ステップだ」との声が上がっている。

 

    ドイツ銀行の新化石燃料政策は、石炭、石油、ガスの3部門を網羅している。これまでの方針では、石炭火力向け融資を25%削減する目標を立てていた。2019年末にこの目標を達成しており、今回は、石炭火力だけでなく、世界市……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム