HOME |ロシア版グリーンタクソノミー案公表。エネルギー、廃棄物マネジメント等9分野。石炭火力発電の高効率化なども「グリーン扱い」。経産省の超々臨界圧火力維持路線と似る(?)(RIEF) |
VB002キャプチャ

 

 ロシア版グリーンタクソノミー案が登場した。ロシアの国家開発企業である「VEB.RF」はこのほど「ロシアグリーンファイナンス・ガイドライン」の原案を公表、その中で示された。エネルギー、廃棄物マネジメント、建設など9分野を網羅。石炭火力発電のアップグレードや、都市のヒーティングシステムの熱源を石炭の天然ガスへ切り替える等も「グリーン」扱いになっている。

 

 (写真は、VEB.RFの本部)

 

 原案が公式なガイドラインとして認定するには政府の承認が必要。ただ、VEB.RFは、同案に基づくグリーンファイナンスとして来月にも同社の融資に適用し、第一号のグリーンファイナンス案件を誕生させる予定という。

&n……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム