HOME |アラベスクAMの持ち株会社、19年末の損失額前期比ほぼ倍増。サステナビリティファンド事業とESGリサーチ業務のコスト増を反映か(RIEF) |
arabesque001キャプチャ

 

 ESGのビッグデータをAI分析するArabesque S-Rayなどをグループとして抱える「Arabesque Asset Management Holding Company (アラベスク)」は、2019年12月末の損失額が618万ポンド(8億4000万円)と前年同期比84%増とほぼ倍増したことがわかった。傘下のサステナビリティファンドマネジメント業務とESGリサーチビジネスの費用増が影響したとみられる。

 

 Responsible Investmentが報じた。アラベスクグループはArabesque Asset Management 、Arabesque S-Ray、Arabesque AIの3社を軸とし、サステナビリティをAIやビッグデータ等を活用して分析、ビジネス化するサービスを……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム