HOME |新型コロナウイルスの影響で、米欧企業の「無形資産価値」上昇。ワクチン開発期待やESG対応を評価か。日経225企業は逆に低下。日本企業のテク技術不足、ESG対応不足を映す(RIEF) |
OceanTomo003キャプチャ

 

  新型コロナウイルス感染の影響下でも、知的所有権やESG等の評価を含む無形資産が、米欧企業の時価価値を高めていることがわかった。ワクチン等の開発期待やビジネスモデルの転換の高まり等を映しているとみられる。ただ、日経225株価指数では無形資産評価は、欧米とは反対に低下している。日本企業のテク技術力が中国、韓国等に比べ下がっているとともに、日本企業のESG対応の弱さなどが影響している可能性がある。

 

 (上図は、米S&P500指数の企業価値に占める有形、無形各資産の時価割合)

 

 知的所有権やESG等の無形資産が企業価値(株式時価)に及ぼす影響を分析しているのは、米シカゴの知的資本コンサル会社「Ocean ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム