HOME |不動産会社やファンドのESG評価を手掛ける「GRESB」、米プライベート・エクイティが買収。非営利の財団を新設し、運営主体に(RIEF) |
GRESB001キャプチャ

 

  米プライベートエクイティのサミット・パートナーズ(Summit Partners)は、不動産会社や不動産ファンドのESG配慮を評価する「Global Real Estate Sustainability Benchmark (GRESB) 」を運営機関のGreen Building Certification Institute(GBCI)から買収した。買収額は明らかにされていない。新GRESBは非営利のGRESB財団を設立し、今後は、同財団がGRESBの基準や評価等の業務を担当することになる。

 

 GRESBは2009年にオランダの責任投資を重視する年金基金のPGGM、 APG、英国の大学退職年金基金(Universities Superannuation Scheme)の3者に……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム