HOME6. 外国金融機関 |中国が自然資本のリスク評価を金融の投融資に組み込みへ。中国工商銀行でパイロット事業開始(RIEF) |
Chinaindustrialbankキャプチャ

 中国4大国有銀行の一つ、中国工商銀行(ICBC)は英国の環境調査会社Trucostと提携し、中国特有の自然資本のリスクモデルと対処するためのツールの開発に乗り出した。

 

 中国はこれまでの急速な経済成長に伴って、農村社会の変質や、周辺生態系の破壊等が各地で起こっている。習近平政権は、安定成長に向けた政策転換をとると同時に、地域社会の安心・安全・安定の確保も迫られている。

 

 こうした背景を受けて中国人民銀行は国内の金融・資本市場の機能として環境への配慮を組み込んだグリーンファイナンス(環境金融)の構築の一環として、自然資本リスクの評価モデルとツール開発のパイロット事業に取り組むことになった。同じ国有銀行の中国農業銀行もグリーンボンドを発行して農村地域での再エネ事業等への投融資拡大を目指している。

 

 自然資本リスクの評価システム開発に銀行が取り組むことになったのは、中国の金融・資本市場において、そうした仕組みが脆弱であるため、バランスのとれた資……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム