HOME6. 外国金融機関 |米大手銀行6行 国際的なカーボン価格付けの政策枠組み合意を各国政府に要請する共同声明(RIEF) |
ceresキャプチャ

 米大手銀行6行が、年末の国連気候変動枠組み協約第21回締約国会議(COP21)に向けて、各国政府の協調行動をとることをも求める共同声明を発表した。日本の3メガバンクや生損保にも共同声明への賛同を期待したい。

 

 共同声明に名を連ねたのは、 Bank of America, Citi, Goldman Sachs, JPMorgan Chase, Morgan Stanley, Wells Fargoの6金融機関。声明は「繁栄と成長を支えるためにー気候変動に対する金融セクター声明」と題している。

 

 声明の内容は次のようになっている。

 科学的研究は、地球環境における温室効果ガスの蓄積の増加が、地球の気温上昇を引き起こし、グローバル経済の繁栄と成長に重要なリスクとなっていることを示している。われわれは、主要金融機関として、世界中の顧客や取引先と取引する中で、より持続可能な低炭素経済を建設するビジネス機会を得るとともに、気候変動関連リスクを金融の機能で制御し、削減する能力を持……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム