HOME |中国の地銀、青島銀行がグリーンボンド発行の許可を中国人民銀行から取得。12億㌦の発行枠。中国の民間銀行として3件目(RIEF) |
XhinaQindaoキャプチャ

 

 中国山東省の青島市を拠点とする民間商業銀行の青島銀行が、中国人民銀行からグリーンボンド発行の許可を得た。グリーンボンド発行を認められたのは、今年に入って3件目。許可発行枠は80億人民元(12億㌦)にのぼる。

 

 青島銀行は資産規模1694億人民元(260億㌦)の地方銀行。香港証券取引所に上場している。グリーンボンド発行で調達する資金は、地域の再生可能エネルギー発電事業や公共交通機関のクリーン化などの資金調達に活用されるとみられている。

 

 中国の金融機関では昨年、国営の中国農業銀行(ABC)が総額9億㌦のグリーンボンドを銀行として初めて発行した。さらに昨年12月に人民銀行が「国内グリーンボンド基準」を公表、これに基づいて、今年に入り上海帆東発展銀行(SPD Ba……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム