HOME6. 外国金融機関 |中国で4番目のグリーンボンド発行の民間銀行に河南省の鄭州銀行。50億人民元(7億5800万㌦)の発行規模(RIEF) |
Chinateishubankキャプチャ

 

 中国河南省の鄭州銀行(Bank of Zhengzhou)が中国の民間銀行で4番目となるグリーンボンド発行を認められた。中国中央銀行の人民銀行が設定したグリーンボンド発行基準に合致した。

 

 鄭州銀行は、河南省省都の鄭州市を拠点とする地方銀行。50億人民元(約7億5800万㌦)のグリーンボンドを中国国内の銀行間市場で発行する。期間は3~5年。

 

 同行は香港市場に上場されており、商業銀行業務と個人向け銀行業務を主に提供している。2015年6月末現在の資産規模は2250億人民元、同年上半期は17億5000万人民元の利益をあげている。

 

 人民銀行からグリーンボンド発行を認められた民間銀行は、上海浦東発展銀行(SPDB)、……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム