HOME |インド・モディ政権の再エネ促進計画「Re-Invest」 国内銀行団が100億㌦の投融資を誓約。世銀やJICA等の国際的公的金融機関との連携も(RIEF) |
Indiaキャプチャ

 

 インドが昨年2月に実施した再エネ事業促進のため国家プロジェクト「Re-Invest」プログラムを受けて、これまで40の銀行とノンバンクの金融会社(NBFCs)が、再エネ事業に対して融資を約束したコミットメントが、7120億インドルピー(約107億㌦)分に達した。

 

 「Re-Invest2015」はインド政府主催の再エネ事業の開発と投資を促進するビジネスマッチングイベントとして開催された。今年も開催予定だったが、来年3月に延期されている。昨年のプロジェクトでのコミットメント額のうち、これまでに金融機関が融資を実行した額は約4割の2950億インドルピー(44億㌦)となっている。金融機関は今後5年間に再エネ事業に対して総額78.75GW以上の発電能力を有する事業に再エネ・ローンを提供することをコミットしている……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム