HOME |中国などによる新国際金融機関の「BRICSバンク」 最初のグリーンエネルギー事業案件4か国4件 合計8億1100万㌦の融資を決定(RIEF) |
BRICSBankキャプチャ

 

  中国やロシアなどのBRICS5か国が共同で設立した通称、BRICSバンクと呼ばれるNew Development Bank(NDB)が、最初のファイナンスとして、4か国4件のグリーンエネルギー事業へ総額8億1100万㌦の融資を決定した。

 

 BRICS各国は、現行の国際通貨基金や世界銀行などの国際公的金融機関制度が欧米中心で、途上国や新興国のニーズに必ずしも答えていないとして、2013年に開いたBRICSサミットにおいて、共同で新国際金融機関の設立を宣言した。

 

 その後、昨年7月に実際に上海に設立された。総裁はインドのIT企業インフォシスの会長だったカマート氏が就任した。主に、グローバルに持続可能な再エネ・省エネ事業、インフラ事業などへのファイナンスを目指す……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム