HOME6. 外国金融機関 |欧州投資銀行(EIB)が、フィンランドの波力発電会社に1000万ユーロ(約11億円強)を投資。商業化間近に(RIEF) |
tidalpowerキャプチャ

 

  欧州投資銀行(EIB)は、波力エネルギー技術を開発するフィンランドのベンチャー企業に1000万ユーロ(約11億円)を投資する。

 投資対象の企業は、AW-Energy。同社は、WaveRollerと呼ぶ技術を開発している。同技術は、沿岸部の海中に設置した装置で、波のエネルギーを電力に変換する仕組みだという。

 

 WaveRollerは、沿岸部の水深10~15mのところに、可変式のフラップを設けた設備を設置する。「寄せては返す」波の前後動の運動エネルギーをフラップで捕えて、電力エネルギーに変換する仕組みだ。

 

 同社はすでに2012年に、ポルトガルのセントロ地方の都市ペニシェの近郊で、100kWクラスの発電能力を持つ設備を3基設置して実証試験を実施している。実際に発電した電力は、ポルトガルの電力網に接続されて送電されてきた。

 

 100kW機の実証実験の第三者評価によると、2.5m……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム