HOME6. 外国金融機関 |中国のグリーン貸付総額1兆㌦を超える。中国銀行業監督管理委員会が公表。不良債権比率は一般融資の3分の1以下に(RIEF) |
chinacbrcキャプチャ

 

 中国の銀行業監督管理委員会(CBRC)は、中国の主要銀行がグリーン事業等へ融資した「グリーン貸付」額が今年6月末時点で、7兆2600億人民元(約1兆900億㌦)に達したことを明らかにした。

 

 対象の銀行は、国内の21の主要銀行と金融機関で、グリーン貸付は総融資額の9%に相当する。CBRCは2012年2月にグリーン貸付指針(緑色信貸指引)を公表しており、指針の成果としてグリーン貸付残高は、ほぼ1割、1兆㌦のレベルに達したことになる。

 

 貸付対象となるグリーン事業は、エネルギー効率化、グリーン輸送事業、環境汚染処理、資源リサイクルなどが中心という。これらグリーン事業への貸出債権の不良債権率は0.41%で、同じ貸出期間中の貸出総額全体の1.35%よりも良好な結果と……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム