HOME6. 外国金融機関 |トムソン・ロイター、ESG新指数として多様性と包摂指数(Diversity & Inclusion (D&I) Index)開発。世界の100社を選定。日本のアステラス製薬がスコア評価で5位。他にキャノンなど(RIEF) |
reutorsキャプチャ

 

 Thomson Reuters はESG(環境・社会・ガバナンス)関連の新たな指数として、「多様性と包摂指数(Diversity & Inclusion (D&I) Index)」 を開発した。D&I分野で先進的な世界の100企業を構成銘柄とする。日本企業では、アステラス製薬が全体の5位のスコアになったのをはじめ、キャノン、花王、第一三共、資生堂の5社が選ばれた。

 

 新しい指数は、多様性(Diversity)、 包摂(Inclusion)、 人の育成(People development)、論争的な出来事(News controversies)の4分野について24の方法で評価、さらに市場比較でのランク付けを行って構成した。選出企業はグローバル比較によって、もっとも多様性に富み、包……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム