HOME6. 外国金融機関 |スウェーデンの大手年金AP2 グローバルな株投資ポートフォリオにESG評価を組み込む。1兆円規模。投資引き揚げ企業数も76社に |
AP2キャプチャ

 

  スウェーデンの公的年金基金であるAP2(Andra AP-fonden)は、グローバルな株投資のポートフォリオに環境、社会 、ガバナンス(ESG)要因の評価を組み込んだ。対象ポートフォリオは900億スウェーデンクローナ(約97億5000万㌦=約1兆円)規模となる。

 

 スウェーデンの公的年金基金は、AP1、AP2、AP3、AP4、AP6の5つの運用機関に分散運用されている。年金加入者からの新規年金保険料は、このうち、AP1、AP2、AP3、AP4に4分の1ずつ拠出され運用される。

 

 AP2 は総資産額は約3000億SEK(約4兆円)なので、その4分の1相当額をESG運用するともいえる。ESG評価を株式投資に全面的に組み込む理由について、AP2は「長期的な持続……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム