HOME1. 銀行 |三菱東京UFJなど大手邦銀3行、ベルギー最大の洋上風力発電事業の協調融資団に参画(RIEF) |

三菱東京UFJなど大手邦銀3行、ベルギー最大の洋上風力発電事業の協調融資団に参画(RIEF)

2016-12-19 23:29:55

belgium3キャプチャ

 

 三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、三井住友信託銀行の3行は、三菱商事が参加するベルギー最大の洋上風力発電所建設計画の融資銀行団に参加する。3行を含む欧州銀行などで構成する10の銀行団は8億6700万ユーロ(約1063億円)を融資する。

 

  対象となる風力発電所は、ベルギーの北海沖合約23kmに建設されるNorther Wind Farm 。1基当たりの発電能力が8400kWの世界最大級の風車を44基設置する計画だ。総発電能力は37万kW。40万世帯の年間電力消費量をまかなう。

 

 事業は、ベルギーの地方自治体が出資するエネルギー・通信会社のElecioとオランダの公営エネルギー企業Eneco、それに三菱商事が共同で運営する。Elecioが事業会社の50%を保有し、三菱商事とEnecoが残りの株式25%ずつ取得した。取得額は150億円と伝えられている。

 

Belgium1キャプチャ

 

 風車の羽根や発電機器で構成するタービンは三菱重工業とヴェスタス(デンマーク)の合弁会社の製品を採用する。2017年1月に着工、19年夏の稼働を目指す。総事業費は12億ユーロ(約1470億円)。

 

beldium2キャプチャ

 

 出資以外の8億6700万ユーロを期間15年のプロジェクトファイナンスで融資する。欧州投資銀行(EIB)が半分を融資する。EIBの融資の半分は、欧州連合(EU)の戦略的投資欧州ファンド(EFSI)で融資保証され、残りはデンマークの輸出保証機関EKF (Export Credit Agency of Denmark)の保証付き。

 

  EIB以外の融資は、ABNアムロ、Belfius、 BNP Paribas、 フォルティス、ラボバンク、ソシエテ・ジェネラル、三菱東京UFJ、三井住友、三井住友信託の 9金融機関が協調融資する。

 

 三菱商事は、現在、オランダとポルトガルで中小規模の洋上風力発電所2カ所を建設、運営中。特にオランダでは、2015年末から稼働中のルフタダウネン洋上風力発電(総発電容量約13万kW)を今回の提携相手であるEnecoと折半出資で運営している。

 

http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2016/html/0000031634.html