HOME |グリーンボンドの「グリーン度」評価のセカンドオピニオン提供企業、2016年のトップはノルウェーのCicero(RIEF) |
Ciceroキャプチャ

 

  グリーンボンドの「グリーン度」を評価するセカンド・オピニオン事業で、ノルウェーのCicero(The Centre for International Climate and Environmental Research Oslo)が2016年を通じて、最大の意見表明機関となった。

 

 英Environmental Finance誌がまとめた。16年中にグローバル市場で発行されたグリーンボンドにつけられたセカンド・オピニオンのうち、Ciceroが担当したのは56件、対象ボンドの発行総額は141億㌦。2位は、カナダのSustainalyticsで、21件の112億㌦。3位はVigeo-Eirisの14件、74億㌦と続く。

 

 ただ、16年発行のグリーンボンドの中……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム