HOME11.CSR |世界銀行が、初の「SDGsボンド」発行。1億6300万ユーロ。国連の持続可能な開発目標(SDGs)関連事業への資金供給と、投資家にはESG評価の高い長期金融商品を提供(RIEF) |
SDGsキャプチャ

 

 世界銀行は、国連が推進する持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた事業に資金を供給する初の「SDGsボンド」を発行、フランスとイタリアの機関投資家向けに販売した。対象事業はSDGsの目標のうち、気候変動対策、貧困、ジェンダー問題などに照準を合わせるという。

 

 2015年9月に国連が打ち出したSDGsは、気候変動だけでなく、貧困、飢餓、エネルギー、公衆衛生、平和的社会などの17の目標と169のターゲットを設定し、2030年までに達成を目指す内容だ。国連に加盟するすべての国は、これらの目標達成に力を尽くすことが求められている。SDGsの最大の課題は、目標達成のために十分な資金を確保できるかという点だ。

 

 世銀の初のSDGsボンドはそうした課題へ答える形である……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム