HOME6. 外国金融機関 |グリーンボンドのグローバル引き受け主幹事ランキング、第3四半期はJPモルガンがトップ。メキシコ、インドなど途上国での積極的な発行支援増を反映(RIEF) |
JPMorganキャプチャ

 

 グリーンボンド市場の活況が続いているが、第3四半期(7-9月)の同ボンドの引き受け主幹事のトップをJP モルガンが占めた。メキシコやインドなどの新興国・途上国市場で積極的に大型案件を引き受けたことで他社を引き離した。

 

 JPモルガンの同期の引受件数は12件、引き受け額は26億9300万㌦。2位のHSBCは、件数ではJPモルガンを上回る13件だったが、引き受け額は20億6600万㌦。3位はCitigroupの6件、19億5100万㌦と続く。

 

 JPモルガンの場合、同期でもっとも発行額が大きかったメキシコ市空港のスマート化を資金使途とした40億㌦を主幹事として引き受けたほか、アジア開発銀行発行の12億5000万㌦、インドの再エネ企業Greenkoの10億㌦などの……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム