HOME6. 外国金融機関 |中国銀行(BOC)アジアで日本以外では初となるサステナビリティボンド発行へ。香港㌦建てのオフショア発行。再エネ事業等のほか、地域の基本インフラ整備などグローバルに展開へ(RIEF) |
BOCキャプチャ

 

  中国の中国銀行(Bank of China:BOC)は、日本以外ではアジアではじめとなるサステナビリティボンドを発行する。香港ドル建てで、30億香港㌦(約420億円)。資金使途先は、再生可能エネルギー事業等の環境分野に加えて、上下水道整備などの基本インフラ事業、特定地域での公衆衛生、教育、雇用対策などの社会分野の4項目を適格事業としている。

 

 発行される初のサステナビリティボンドは、期間2年、発行規模は30億香港㌦。固定金利。発行主体は、BOCの香港支店で、香港市場でのオフショア発行となる。香港では今月半ばに、グリーンボンド原則(GBP)の年次総会を初めてアジアで開くことから、今回の発行は香港をアジアのグリーンボンド市場のハブにすることを目指す香港当局からも歓迎されている。

……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム