HOME |グリーンボンド原則(GBP)香港で年次総会。グリーンボンドの外部評価についてガイドラインを公表。アジアで初の年次総会(RIEF) |
GBP11

 

 市場ベースでのグリーンボンド基準を提供しているグリーンボンド原則(GBP)は14日、香港で年次総会を開いた。その中で、グリーンボンド等を評価する外部評価機関のガイドラインを承認、公表した。外部評価に共通の倫理的・専門的な基準として、①厳格性(Integrity)②客観性(Objectivity)などの5項目を提言した。

 

 GBPが年次総会をアジアで開いたのは初めて。年次総会に続くカンファレンスは、香港の金融庁に相当する香港金融管理局(HKMA)が主催した。

 

 

 GBPはグリーンボンドやソーシャルボンド、サステナビリティボンドの基準、ガイドラインを提供している。これらの基準に基づいて、個別のボンドのの適格性を判断するのが民間の外部機関となる。ただ、現時点では、外部評価、および同機関についての明確な資格や基準はない。

 

 今回、GBPが公表した基準はあ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム