HOME |低炭素経済社会の基盤となるサステナブルなインフラの資金需要100兆㌦、グローバルなサステナブルCLO(ローン担保証券)市場の形成で対応可能。G20スタディグループが報告書(RIEF) |
CLO1キャプチャ

 

  パリ協定が目指す低炭素経済社会のインフラストラクチャー構築に、世界中で今後15年間に約100兆㌦が必要とされる。G20サステナブルファイナンス・スタディ・グループは、その資金供給手段として、サステナブルCLO(ローン担保証券)の市場づくりが望ましい、とする報告書を作成した。

 

 G20は2016年以来、英国と中国が中心になって、サステナブルファイナンス・スタディグループを設立、グリーン&サステナブル・ファイナンスの分析・提言を続けている。今回の報告書は、同グループの委託で、法律事務所のWhite & Case、 格付機関のS&P Global Ratings、スウェーデンのSwedish bank(SEB)が共同でまとめた。

 

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム