HOME9.中国&アジア |中国、「一帯一路イニシアティブ(BRI)」インフラ投資に「グリーン投資原則(GIP)」適用。ESG配慮等うたう。日本勢は、みずほ銀行が参加。みずほのBRI重視鮮明に(RIEF) |
BRBR1キャプチャ

 

  中国で開いた「一帯一路イニシアティブ(BRI)」の首脳会議は、BRIのインフラ投資にグリーン性を盛り込む「グリーン投資原則(GIP)」を採択した。GIPは7つの原則から成る。日本のみずほ銀行を含む28の内外の金融機関が支持を表明した。みずほは、中国工商銀行(ICBC)とグリーンファイナンスインデックス作成に参加するなど、日本の3メガバンクの中で、BRI先行支援で打ち出している。

 

 (写真は、BRIを推進する中国内外の金融機関で組織するBRBRの会合)

 

 GIPは、BRI関連インフラ投資を、国連の持続可能な開発目標(SDGs)や温暖化対策のパリ協定などと整合性をとりながら推進するための、金融機関と企業の自発……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム