HOME |FTSE Russell、初の気候変動リスクを加味した「グローバル国債インデックス」を正式発表。名称は「Climate WGBI」。米国債はもっとも大きな修正、日本国債もマイナス評価(RIEF) |
FTSERussell1キャプチャ

 英FTSE Russellは、気候変動リスクを加味した初のソブリンボンドインデックスを正式に公表した。各国の国債について、当該国が抱える気候変動リスクを調整したもので、各国の温暖化対策の評価(移行リスク)や気候変動による物理リスク、その耐性等を評価に加えた。その結果、米国債はベンチマークのインデックス比で3%低く評価されたほか、日本国債もマイナス評価となった。

  新インデックス名は、「Cimate WGBI」。FTSE Russellが運用するグローバルな国債指標の「World Government Bond Index (WGBI)」をベースにし、各国債の気候リスク(移行リスク、物理リス……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム