HOME6. 外国金融機関 |仏国有鉄道のSNCF Reseau、償還期間100年のグリーンボンド発行。国内鉄道網のグリーン化促進で欧州初の「100年グリーン債」。年金等の機関投資家の長期投資需要にも合致(RIEF) |
SNCF1キャプチャ

 

  フランスの公的鉄道である仏鉄道線路事業公社(SNCF Reseau)は、償還期間100年という超長期のグリーンボンドを発行した。国内の鉄道網の建設・維持のグリーン化を長期的に推進するため。発行規模は1億ユーロ(約117億円)。100年償還のグリーンボンドは米国企業が5年前に発行したことがあるが、欧州企業では初めて。

 

 SNFCは仏鉄道網のグリーン化を推進してきている。鉄道事業のエネルギー最適化を実現するため、これまで、54億ユーロ(約6300億円)の資金をグリーンボンドで調達してきた。うちほぼ半分の28億ユーロのグリーンボンドは今年、発行されたものだ。

 

 調達資金の使途は、① SNFCが抱える鉄道システムの維持、アップグレード、それにエネ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム