HOME |現行のグリーンボンドの「グリーン性」、EUのサステナブルファイナンスの「タクソノミー」に照らすと17%しか適合せず。グリーンの濃淡が論点に(RIEF)。 |
MSCI112キャプチャ

 

   EUがサステナブルファイナンス戦略で示すグリーン事業のタクソノミー(事業分類)基準を、現行のグリーンボンドに適用すると、17%しか適合しないことがわかった。EUが新たに開発したグリーンボンド基準(EU GBS)でも同様だ。それだけ現状のグリーンボンドの「グリーン性」が緩いわけだが、基準の厳格化にはグリーンボンド市場の成長を抑えるとの懸念の声もある。

 

 既存グリーンボンドのEUタクソノミーへの適合性については、MSCI ESG Researchが、市場でもっともポピュラーなグリーンボンドインデックスの「Bloomberg Barclays MSCI Green Bond Index」に組み込まれている各グリーンボンドを対象とした。これらがEUのタクソノミー・クライテリアにどれくらい合……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム