HOME |アジアインフラ投資銀行(AIIB)、アジア中心にグリーン&気候ボンド投資専用の「アジア気候ボンドポートフォリオ」設定。5億㌦。仏アムンディと連携。移行リスク企業も対象(RIEF) |
AIIB234キャプチャ

 

  アジアインフラ投資銀行(AIIB)は、欧州最大の資産運用会社の仏Amundiをアドバイザーとして、5億㌦規模の「アジア気候ボンドポートフォリオ(Asia Climate Bond Portfolio:ACBP)」を設定した。AIIB加盟各国の気候変動対策を促進するため、それらの国で発行されるグリーンボンドや気候ボンドに投資する。5億㌦のポートフォリオに加え、機関投資家の追加出資5億㌦も想定している。2020年1月から始動する。

 

   ACBPは投資に際して、ボンドの資金使途先のグリーンビジネス活動の状況、気候変動の緩和効果、気候変動へのレジリエンス(耐久性)の3点を評価する。投資するボンドは、グリーンボンド原則(GBP)に準拠したラベル付きグリーンボンドや、ラベルなしだが気候変動対策……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム