HOME8.温暖化・気候変動 |銀行等が、保有する投融資資産のカーボン負荷を測定・開示するカーボンアカウンティング導入へ。29カ国53金融機関が同意。2020年半ばにも最初の開示案公表へ。日本の銀行は未参加(RIEF) |
CAFÉキャプチャ

 

 金融機関の投融資資産に伴うCO2負荷を測定・開示するカーボンアカウンティングの採用を、29カ国53の銀行等が宣言した。2020年半ばにも最初の開示基準を公表する。賛同した金融機関の運用資産総額は2兆9000億㌦(約313兆円)。金融機関が自らの金融資産のカーボン負荷を開示するのは初めての試みだ。

 

  金融機関が保有する投融資資産のカーボンアカウンティング手法の開発は、オランダのASNバンクが主導し、同国のABNアムロ、トリオドス銀行等14機関が共通基準作りを進めてきた。

 

 

 活動は「Partnership for Carbon Accounting Financials (PCAF)」として各国……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム