HOME8.温暖化・気候変動 |国連「緑の気候基金(GCF)」、追加拠出約束額73億㌦に。設立時の拠出額に迫る。日本は依然、拠出の有無を表明せず。トランプ米政権に配慮か(?)(RIEF) |
GCF224キャプチャ

 

 先進国が途上国の温暖化対策を資金面で支援する国連の「緑の気候基金(Green Climate Fund:GCF)」の追加拠出問題で、韓国に続いてスウェーデンも拠出額倍増を公約した。その結果、これまでに拠出増額に応じた国々の約束総額は73億㌦になった。GCFが10月後半にパリで開くファイナンス会議までに、さらに追加拠出が見込まれている。

 

 GCF設立時の拠出額103億㌦は、30億㌦の最大拠出額を表明していた米国が、トランプ政権になってから、既拠出額以外の20億㌦の拠出を凍結した。このため基金総額は実質83億㌦にとどまっている。ただ、すでに73億㌦の拠出公約が為されたことから、日本が設立時(15億㌦)と同額を拠出すると、83億㌦を上回る。安倍政権の対応が注目される。

&nb……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム