HOME6. 外国金融機関 |カリフォルニア州教職員退職年金基金(CalSTRS)も、TCFD提言による気候リスク情報開示。上場株、債券投資とも2030年代前半まで「2℃目標」適合。その後に向け低炭素転換必要(RIEF) |
CalSTRS1キャプチャ

 

  米公的年金で第二の規模をカリフォルニア州教職員退職年金基金(CalSTRS)は、保有ポートフォリオの気候リスクを開示する「Green Initiative Task Force 」の年次レポートを公表した。それによると、TCFDが求めるパリ協定の「2℃目標」シナリオへの適合度で、上場株、債券投資とも、現状のカーボンバジェットを28%~35%残し、それぞれ2031年、33年まで適合水準を維持できるとしている。

 

 今回のCalSTRSの気候リスク開示は、カリフォルニア州が昨年成立させた州法「SB964」に基づく。同法は、先に公表したカリフォルニア州職員退職年金基金(CalPERS)と、CalSTRSに対し、気候リスクの義務的開示を求める内容だ。CalSTRSは保有資産2460億㌦で、Ca……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム