HOME |米最大のグリーンボンド取引プラットフォームMarketAxess。グリーンボンド取引100万㌦ごとに、5本の植樹活動をグローバルに展開。森林火災のアマゾンやオーストラリア等に(RIEF) |
MarketAcsess1キャプチャ

 

  ニューヨークを拠点とする債券等の電子取引プラットフォーム運営の「MarketAxess」は、グリーンボンド投資を支援する新たな取り組みを始めた。グリーンボンドと植林運動を組み合わせ、グリーンボンド取引100万㌦当たり、同社が5本の植樹を、森林火災に見舞われたアマゾンやオーストラリア等で展開するという。取引参加者に「グリーン取引」の実感性を高める狙いと、同社自体のCSR活動との位置づけだ。

 

 MarketAxessは、米国でのグリーンボンド取引では最大市場として知られる。今回始めたのは「Trading for Trees」と呼ぶイニシアティブ。同取引所のプラットフォームでのグリーンボンド取引に際し、植樹活動を連動させることで、取引参加者にグリーン投資を実感してもらえると期待している。<……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム