HOME |欧州証券市場監督局(ESMA)、「サステナブルファイナンス戦略」公表。資本市場の監督にESGを取り入れ。格付会社の信用格付にESG評価を求めるほか、ベンチマーク規制の改正等(RIEF) |
ESMA2キャプチャ

 

 EUの欧州証券市場監督局(ESMA)は、サステナブルファイナンス戦略を公表した。株・債券等の資本市場の監督に、シナリオ分析に基づくストレステストを含むESG要因を取り込む体制づくりを目指すものだ。まず今年中に格付会社の信用格付でESG要因をどう扱うかというガイドラインを整備するほか、気候変動移行ベンチマーク等のガイドラインの改定を2022年から取り組む。市場取引へのESG要因をチェックすることでグリーンウォッシュを防ぐとともに、EUが打ち出している欧州グリーンディール(EGD)戦略に沿った市場資金の流れの確保を目指す。

 

 ESMAはEUの金融市場の3つの監督機関の一つ。他の2機関は銀行を監督するEuropean Banking Authority(EBA)と、保険会社と年金基金を監督す……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム