HOME6. 外国金融機関 |国際資本市場協会(ICMA)、グリーンボンド等の第三者評価ガイドライン評価・改定へ。ワーキンググループ設置、6月メドに基準化(RIEF) |
GBP1キャプチャ

 

  国際資本市場協会(ICMA)のグリーンボンド・ソーシャルボンド原則(GBP・SBP)は、新たに第三者評価機関のガイドライン設立を目指すワーキンググループなど3つの作業グループを設立した。同原則は、すでに諮問委員会の傘下に、気候トランジションファイナンスなどをテーマとした6つのワーキンググループを設置しており、ESG債市場の拡大とともに、対応作業が増加していることを示している。

 

 今回、ワーキンググループを設置した第三者評価機関のガイドライン評価については6月までに整理し、現状の基準を改定するとみられる。現状は、グリーンボンド原則(GBP)、ソーシャルボンド原則(SBP)にそれぞれ、発行体が外部評価を得ることを奨励する内容と、セカンド・パーティー・オピニオン、認証、格付等の評価手法を紹……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム