HOME |英金融監督当局のFCAとPRA共同の「気候金融リスクフォーラム」で、シナリオ分析のガイド公表。3段階でのアプローチ提唱。推奨シナリオはIEAの3シナリオのほかPRIのIPRも(RIEF) |
Scenario001キャプチャ

 

 英国の金融監督当局である金融監視行動機構(FCA)と金融健全性監督機構(PRA)が共同で立ち上げた「気候金融リスクフォーラム(Climate Financial Risk Forum : CFRF)は29日、気候関連金融リスクマネジメントの軸となるシナリオ分析のガイドを公表した。同ガイド自体は規制策ではなく、企業や金融機関が自らの気候リスクを評価するシナリオ分析に取り組むための手引きとして示した。

 

 気候関連の金融リスクを把握するため、中央銀行と金融監督当局で構成するNGFSをはじめ、各国金融当局や主要金融機関等が、シナリオ分析の基本的な整理やモデル試算等に取り組んでいる。ただ、シナリオ分析には多くの推計等を用いるほか、現状利用できるデータ等も十分ではない。このため、……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム