HOME |アイルランド最高裁、同国政府の温暖化政策の不十分さを巡る「気候訴訟」で政府敗訴判決。短期対策も長期目標と整合すべき。7人の裁判官全員一致。昨年末のオランダに次ぐ政府敗訴(RIEF) |
Ireland002ャプチャ

 アイルランド最高裁は、同国政府の現在の温室効果ガス削減計画が、2050年までに80%削減の長期目標と整合しないとして、削減計画の強化を求める環境NGOの訴訟を全面的に支持する判決を示した。同国政府は今後、削減計画の強化を余儀なくされる。温暖化対策の不備を巡る訴訟で、最高裁で政府が負けたのは、昨年12月のオランダに次ぐ。日本ではどうか。NGOと弁護団の連携が求められる。

 アイルランド政府を訴えていたのは、環境NGOの「Friends of the Irish Environment (FIE)」。同国は2015年に制定した「気候行動……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム