HOME |欧州委員会、タクソノミーの「クライテリア法案」公表。ハイブリッド車は2022年から、プラグインHV車は2026年からEUでは「グリーン車」から除外。天然ガス火力は「政治」判断(RIEF) |
EVEUROキャプチャ

 

 欧州委員会は20日、先に成立したタクソノミー規則に基づき、気候変動の緩和と適応両分野のサステナブルな経済活動を評価する技術スクリーニング・クライテリアの法案を公表した。法案はコンサルテーションを経て、2022年1月に施行される。この結果、EU市場では「グリーン車」の枠組みからハイブリッド車(HV)が外れ、2026年以降はプラグインハイブリッド(PHV)も外れることがほぼ確定した。電気自動車(EV)か燃料電池車(FCV)に限定される。

 

 クライテリア法案は、7月に成立したタクソノミー規則を受け、個々の経済活動のグリーン性&サステナビリティ性を評価するクライテリアを確定するもの。気候変動の緩和と適応両分野のサステナブルな経済活動を評価するクライテリアと、そうした活動が他の環境目的に有害な影……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム