HOME |カナダのトリュドー首相、「2050年温室効果ガス排出量ネットゼロ」法案を議会提出。2030年以降、5カ年計画を実施、成果の確認、国民への報告を政府に義務付け。菅政権も法制化を(RIEF) |
Canada001キャプチャ

 

 カナダのトリュドー首相は、「2050年温室効果ガス排出量ネットゼロ」の目標の実現に向けて、5年ごとに中間目標を設定して推進する法案を議会に提出した。「2050年ネットゼロ」を口約束だけではなく、法的拘束力を持った目標として設定するもので、英国やEUに続く措置。日本の菅政権による「ネットゼロ」宣言も、法制化が求められる。

 

 (写真は、夫人と食料品を買い物するトリュドー首相)

 

 法案は「カナダネットゼロ排出責任法(the Canadian Net-Zero Emissions Accountability Act)。トリュドー首相は昨年10月の総選挙で、ネットゼロ目標の法制化を公約に掲げていた。法案は2050年……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム