HOME |トランプ米政権、米環境政策の基本である国家環境政策法(NAPA)を“骨抜き化”へ。環境アセスメントの義務化範囲の縮小等。大統領選挙を意識し、インフラ企業や建設労働組合に秋波か(RIEF) |
Trump1キャプチャ

 トランプ政権が、米国の環境政策の基本とされる国家環境政策法(NAPA)を“骨抜き”にする提案を公表した。NAPAは、連邦政府の活動に、環境アセスメントを義務付けた画期的な法。日本など各国のアセスメント法のモデルでもある。トランプ政権は法律そのものよりも、法の執行面で、累積的な環境影響を無視できるようにするほか、対象事業の範囲も狭めるなど、アセスの範囲を縮小する内容という。

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム