HOMEイベント・予定 |2018年11月30日 第17回RIEF勉強会。「中国における排出量取引制度の発展状況と今後の展望」(講師:金振氏) |

2018年11月30日 第17回RIEF勉強会。「中国における排出量取引制度の発展状況と今後の展望」(講師:金振氏)

2018-10-29 22:26:08

RIEF17キャプチャ

 

 温暖化対策でカーボンプライシングが政策課題となっていますが、日本より一歩早く、温室効果ガスの排出権取引制度の導入を決めた中国。これまでのパイロット制度から全国版の取引制度に「移行」の過程にあるが、その発展状況や浮上する課題、それらにどう対応しているか、などの最新情報を伺います。

 

 講師の金振先生には、ほぼ1年前にも「中国の全国版排出権取引制度(ETS)の導入見通しと、グリーンファイナンス政策の動向について」と題して講演をしていただき、大変好評でした。その後のETSの進行状況を教えていただきます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「第17回  RIEF勉強会」

日時2018年11月30日(金)午後6時から

場所:東京都千代田区紀尾井町7-1 上智大学2号館15階1522会議室

講師: 公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)エネルギー及び気候変動領域、リサーチ・マネジャー 金振(ジン・ジェン)氏

 

講演テーマ」:「中国における排出量取引制度の発展状況と今後の展望」

 

参加希望者は、11月22日(木)夜までにRIEFまでお申し込みください。参加費は、RIEF会員は無料です。席に余裕がある場合は、非会員のご参加も受け付けます。その場合、資料代として1500円のご負担をお願いします。非会員の方は先着順とします。

申し込みお問い合わせはメールでお願いします。申し込みアドレスはいつものアドレスから次のものに変更します。<green@rief-jp.org>